2007年06月25日

新馬勝ちの福島でイクス牡馬一蹴だ

 実績馬、上がり馬が顔を揃えた。ハンデ戦でもあり、激戦は必至だろう。イクスキューズ(美・藤沢和、牝)はNHKマイルC17着以来となるが、疲れもなく元気一杯。「前走は引っ掛かったのがすべて。福島は新馬を勝っているように上手に走れるし、牡馬相手でも」と藤沢和調教師の期待は大きい。ハイソサエティー(美・小島太、牡)はエーデルワイスSを快勝。脚質は自在で、小回りの福島はかえって有利に働きそうだ。クランエンブレム(美・手塚、牡)は福島市制施行100周年記念で古馬を一蹴。「クビの使い方がうまくなった。3歳馬同士ならチャンス」と手塚調教師。南半球産のロックドゥカンプ(美・堀、牡)はデビュー以来2連勝中。潜在能力はかなり高い。復活を目指す新潟2歳王者のゴールドアグリ(美・戸田、牡)や調子を上げてきた素質馬ブラックオリーブ(栗・松田国、牡)も上位を争う。



posted by 匐淬渊 at 07:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。